ブログblog

チョコ停が起こる原因とは?なぜ起こるのか?


チョコ停が起こる原因は工場によって様々です。

一例として以下のようなケースがあります。

 ○ 動作していると思っていたセンサーが誤反応して、誤動作している
○ ラインの振動により、製品同士が連結したり、ずれたりしているのに気づかず流してしまう
○ 製品の落下によるチョコ停は高速に動作している場合、目視では見ることが難しい
○ ライン上をまっすぐ流れていると思っていても、高速カメラで撮ると実はブレたり、蛇行したりしている場合がある

原因が分かることで初めて対策ができるようになります。
製造担当と保全担当の間でもまずは原因の共有をしなければ対策が進みません。

そのためには高速カメラなどを用いてチョコ停の前後を録画して見える化することがおすすめです。
新規ライン、新工場の設置または移設の際にも、以前と同様の動作の確認に録画映像が役に立ちます。



カテゴリー

アーカイブ