ブログblog

チョコ停による損失とは、どのような問題を引き起こすか?


チョコ停が発生した時にオペレータがその場にいないと、チョコ停がドカ停になり、大きな損失となります。

それではどのような損失が考えられるでしょうか?

・設備の修繕費用
・生産ロス
・取引先との信頼損失

チョコ停による修繕費用、生産ロスは年間数百万円~数千万円にもなる場合もあります。
また、異常の処置ミスによる、納入先への不良流出は取引先との信頼関係を損ねてしまいます。

チョコ停で済んでいたものがドカ停になったり、チョコ停だからと放置していて積み重なることで損失が拡大します。

日常的にモニタリングしながら、原因を確実に対策していくことがチョコ停対策には求められます。



カテゴリー

アーカイブ