製品・サービスproduct

設備監視用ドライブレコーダー「Rekamo(リカモ)シリーズ」

〜チョコ停の原因を画像でキャッチ!チョコ停対策に科学的アプローチを提供します〜

概要:製造現場のチョコ停対策「RekamoMAシリーズ」(リカモエムーエーシリーズ)

RekamoMAは高速カメラを採用した『生産現場のドライブレコーダー』
工場の設備や機械、製造ラインを高速度カメラで常時監視。異常時のみ画像を残す見える化システムです。

  • カンに頼らないチョコ停対策してますか?
  • 現象を目で見て改善していますか?

チョコ停対策は、まず「原因を観察する」ことから始まります。

RekamoMAは、稀に起こる現象の画像や波形を記録することによって事象の見える化を極めたモニタリング・ツールです。
現場での改善活動や保全活動、設備管理、開発・実験などにお使いいただけます。


カンと経験から「原因を把握した根本的対策」へ!

RekamoMAは、見たいところに録画を仕掛けておくだけ!
設備の異常信号等に連動させて、必要な部分のみ時間をさかのぼって記録します。
いつ起こるかわからない不具合が、再現するまで設備へ張り付いていた担当者を解放します。


ワークが倒れ、次工程でチョコ停発生。

設備の異常信号を契機に、異常発生前のみ記録。
画像を確認することでワークが倒れる位置を特定。
そこに転倒原因である突起を発見。


ワークの落下が発生。

毎秒850枚撮影のカメラで異常信号の発生前後のみを記録。
高速カメラ画像を確認することでアームが振動し、ワークをつかみ損ねていることを発見。


設備の衝突が発生。

設備の異常信号をトリガーとして、異常発生前後を記録。
原因は、想定外のタイミングでのセンサー誤動作だった。


新オプション:既設の表示灯を撮影トリガーに!!


今お使いの積層表示灯に取り付けるだけでOK
既存設備やPLC等を改造することなく、撮影トリガーを取り出せます。

そこまで高速性が必要ない方へのエントリーモデル Rekamo Q-Vision


外部信号を撮像のイベントトリガーとして、その前後を切出保存するという基本性能はそのままにカメラの高速性はそこまで必要ないというお客様に向け価格を押さえた製品です。

高速カメラ画像と波形グラフを同期保存/連動表示

カメラ画像と連動した波形表示が可能となりました。
「各種センサーのアナログ入力」「制御信号等のデジタル入力」「カメラ画像」を同期保存。
連動して再生することで、異常時にどのパラメータが関係するか一目瞭然に。
多様な角度から見える化を可能としました。





設備の状態も合わせて記録したい。センサーと画像を別々に記録しているため、タイミングを合わせるのが難しい。

カメラ画像と各波形を連動して再生することで、 異常時の制御信号のタイミング、内部の状態も把握可能に。


実録:RekamoMA Pro動作デモ!!


複数カメラによる撮影、デジタル・アナログ波形を記録する様子を動画でご覧ください。

複数カメラの接続

最大4台までのカメラを接続可能です。下記2通りの使い方が可能です。
「同期撮影」:複数のカメラを同期させて使用します。死角を避けて撮影する場合などに使用します。
「非同期撮影」:各カメラが各々独立したイベントに連動して記録を行います。集中管理したい場合に、使用します。


距離が離れていたり、死角のため同時に複数箇所を見ることができない。
どこで起こっているかわからない。
撮影箇所を1箇所に絞れない。

複数カメラを接続可能。
障害となっていた距離や死角も、これで解決。
※Multiのみ、外部トリガとカメラを任意に組み合わせ可能。

RekamoMA Multiによる撮影動画です。

※レールが「生産ライン」、車は「ラインを流れるワーク」と想定ください。

持ち運びやすさ


チョコ停発生時に移動可能なツールとして使いたい。
工場内の複数箇所でドライブレコーダーを使いたい。

従来のデスクトップに対し、ノートPCで動作可能となり、よりコンパクト、携帯性が向上しました。



お客様の声



  • チョコ停回数92.4%削減の実績(53回/月から4回/月にまで減少)
  • 原因を究明までに2、3日かかっていましたが、即日究明できるようになりました。
  • 通常業務に専念できるようになりました。
  • 空いた時間で今まで手を付けられなかった工程の不良低減活動を実施できました。
  • ユーザー様への流出不良ゼロの連続記録更新中です。